介護用品「楽畳」
株式会社アミューズ24 HOME >  電解水や害虫駆除機など環境衛生サービス  > 害虫駆除システム 「with (ウィズ)」

害虫駆除システム 『with (ウィズ)』

業務用生ごみ処理機 『シンクピア』

医薬品承認番号 / 21700APZ00812000

  • 1. 高い駆除率

    1回の処理でその場にいるゴキブリは駆除できますが、卵や外部から侵入してくるゴキブリにはまったく効果がありません。
    ところが定期的に駆除するwithなら「いつの間にかゴキブリがいなくなった」を体感できます。

  • 2. 確かな安全性

    お店が閉店した後に無人の時間帯に出てくるゴキブリを自動駆除します。
    無人の時間で自動作動するので、休日に駆除の為にオーナー様立会でわざわざ鍵を開けてもらうなどの手間がかかりません。

  • 3. ラクラク自動運転

    駆除で使用する薬剤は【医薬品】です。
    ファン付殺虫機専用薬剤として医薬品として承認された害虫駆除システムです。

with(ウィズ)はこんな悩みを抱える
飲食店オーナー、管理者の方に選ばれています。

駆除しても駆除しても厨房のゴキブリが減らない。

駆除のつど休みに出勤し、駆除機の片づけが面倒だ。

煙霧剤を使う時、火災警報スイッチを切るのが面倒だ。

  • ゴキブリの駆除方法について

    害虫駆除システムwith(ウィズ)は365日クリーンなお店作りに貢献します。
    毎週2回、6時間自動的に繰り返しゴキブリを駆除します。

ゴキブリの「卵」はどんな優れた薬剤を使っても防げず、孵化します(もちろんwithでも)。
その後、成虫になったメスのゴキブリ一匹から、5ヶ月間で320匹の子供が生まれます。
…それが理論上では1年間で「1000万匹」にまで繁殖。
結局、抜群の効果・技術を持った駆除業者でも、「孵化」「外部から侵入」したゴキブリを防げず、早いお店では1ヵ月後、元の状態に戻ってしまう事もあるそうです。
この特性を解決したのが、定期的に「作動・駆除する」withなのです。

  • withと他消毒方法の違い

    薬剤メーカーと提携したwithは、
    薬剤ベーパーセクトと機械本体一対で高い駆除率を誇る害虫駆除システムです。

  • 代替画像

    駆除の場合、その場にいるゴキブリは駆除できますが、卵や外部から侵入するゴキブリには何の効果もありません。
    市販の煙霧剤は火災報知機やガス探知機などの誤作動を起こす可能性もあり、事前に設備を切ってもらうなど手間がかかります。

  • 代替画像

    無人の時間帯に週2日/6時間稼働させることにより、その場のゴキブリはもちろん、卵から孵化した幼虫、外部から侵入してくるゴキブリをも随時駆除します。
    もちろん、火災報知機やガス探知機の誤作動もありません。

ラインナップ

  • with6
    3,700円(税別)/4週間

    初回金 5,000円(税別)

    サイズ(H×W×D):35.2cm×15.0cm×13.0cm
    重量:約2kg(本体)
    最大消費電力:4W

  • with18
    6,500円(税別)/4週間

    初回金 9,000円(税別)

    サイズ(H×W×D):38.5cm×39.0cm×17.0cm
    重量 : 約4kg(本体)
    最大消費電力 : 8.3W

医薬品承認

薬剤メーカーと提携したwithは、薬剤ベーパーセクトと機械本体一対で高い駆除率を誇る害虫駆除システムです。
承認番号 : 21700APZ00812000(平成17年9月6日)
【使用薬剤について】薬剤名 : ジクロルボス(DDVP)
安全性 : 万が一吸引してしまった場合でも、肝臓で速やかに代謝され、腎臓から排泄されます。
この場合加水分解酵素により、急速に解毒される事がわかっています。
※機械の作動は無人の時間帯に自動的に行いますので、ご安心ください。

お気軽にご連絡ください!

ページのTOPへ戻る